1200sex1703080028
-19-
ブラウスを脱がされ、キャミソールを脱がされるとブラジャーだけです。紗世はキッスして、舌を絡ませ、洋一の勃起チンポを握っています。ショーツとブラジャーだけを身につけて、おんな座りの紗世です。洋一がブリーフを脱ぎます。洋一がちゃぶ台を右の横にずらします。おんな座りする紗世の半裸が、縦長の鏡に映ります。紗世の右横にいた洋一が、後ろにきます。後ろから紗世を抱きます。足を投げ出して、後ろから紗世を抱きます。後ろから抱かれる紗世の姿が、鏡に映ります。
「ああん、せんぱい、ああん」
紗世はあぐら座りする格好です。洋一が紗世の足に足を絡ませます。ブラジャーを脱がせる洋一。ホックを外すして肩紐を降ろすと、乳房が露出です。
「ああん、せんぱいぃ、いやぁああん」
鏡に映るからだの正面を、紗世が見てしまいます。後ろへ手をまわす紗世。後ろにまわした手で洋一のチンポを握ります。
「うううん、紗世、柔らかい、おっぱい、好きだよ」
後ろにいる洋一が、ブラをとってしまった紗世の乳房を、両脇からの手で弄ります。
「ああん、いやぁああ、ああん」
乳首を指間に挟まれてしまう紗世。洋一は、乳房をまさぐった後、親指と中指の腹で乳首を挟んで、揉みだすのです。
「うううん、紗世、うん、うん、うううん」
ビンビンになったチンポを、紗世に握らせている洋一が呻きます。陰茎を握った紗世の手が、チンポを上下にしごくんです。からだがうわずって、いっそううずうずの気持になる洋一。乳首を揉んでいた右手を、紗世の股間へと移します。まだショーツを穿いたままの紗世。あぐら座りだから、太ももがひろげられています。洋一が股布のなかへ、手を入れます。
「あっ、あっ、はぁああっ」
紗世、股布の中へ指を入れられ、陰唇を直接タッチされてしまって、顔を右横に向けます。洋一にキッスをして欲しいとの意思表示です。後ろから紗世を抱く洋一。左手指では乳首をモミモミです。右手指は、陰唇をまさぐっています。女の性感帯を弄られるバイオリンを弾く二十歳の紗世です。甲高くてハスキーなおんなの喘ぎ声をあげだします。
「あああん、はぁああ、はぁああん」
顔を横に向け、のぞける紗世の唇へ、キッスしてやる洋一です。洋一が舌をさしだすと紗世は待ってましたとばかりに、舌を絡ませてきます。舌の深くまで絡ませてくる紗世に、洋一がたじろいでしまうほどです。股間に入れた手を抜いて、お尻を浮かせた紗世から、ショーツを脱がせてしまいます。紗世、鏡の前、全裸であぐら座りです。