1200sex1703080010
-18-
大学院生洋一の部屋は六畳のワンルームです。小さなベランダを仕切る大きな窓があって、大きめの勉強机が窓に半分かかります。勉強用の背凭れ回転椅子があります。壁際にシングルベッド、ちゃぶ台のサイズは直径80㎝、座布団が二枚、整理箪笥の横に姿見鏡です。ちょっと厚めグレーのカーペット。オーディオセットに小型のテレビ、パソコンは勉強机の上です。バスとトイレは別別で、その前に小さなキッチンがあります。キッチンの横壁に冷蔵庫。男の子の一人住まい。そこへ華やかな女子がやってきて、お掃除をして、お食事をつくって、時間を過ごすのです。
「ああん、だからぁ、自動車免許、取ろうかなと思ってんの」
「そうか、紗世、運転したいんか」
「うううん、必要でしょ、申し込みは未だ、だけど」
ちゃぶ台を前にして、右に洋一、左に紗世、ちゃぶ台の向こうに姿見鏡です。キッスしながらの会話だから、どこまで気が乗っているのかわからないけど、セックスだけじゃなくて、いろいろな話題も、交わさないとやっていかれません。
「ああん、せんぱい、おかね、かかるわ、いやねぇ、ああん」
足をずらせておんな座りの紗世。その背中へ手をまわしている洋一が、紗世を引き寄せます。上半身を洋一にあずける紗世。洋一が右手で、紗世の胸をまさぐります。白ソックスは脱いでいる紗世。ブルマも脱いでいるけど、ショーツは穿きました。スカートとブラウス、インナーはキャミとブラ。ブラウスのボタンを外して、すそから手を入れてくる洋一。おっぱいへ直に手をふれさせてくる洋一。
「はぁああ、ふぅうう、すぅうう、ああん、せんぱいぃ」
「ううううん、紗世、ああ、やわらかい、おっぱい、ううううん」
乳房をまさぐられるかわりに、紗世は、左手で洋一の腰へ手を入れていきます。メンパンは脱いでいて、ブリーフだけの腰回り、上半身はシャツすがたの洋一です。紺っぽいブリーフのうえから、手をあてがうと、ぷっくら膨らんでいる洋一がわかります。乳房を直に触られているから、洋一のチンポを直に触ってあげます。ブリーフの横から手をいれ、チンポを露出させます。かなりビンビンに勃起している洋一のチンポです。紗世だって、もう、膣のなかは、ぐちゅぐちゅです。
「ああん、ううっ、ふうううっ」
勃起チンポ握ってあげて、おっぱい触られていて、抱きあい、キッス、舌と舌を絡ませて、離されて、紗世、ブラウスを脱がされてしまいます。