1200sx1607280121
-16-
ぶすぶす、うしろから勃起チンポを膣に挿入されている紗世。気持ちがまだ乗っていないのに、性急に求めてくる洋一に、紗世は、でも、すきだから、してもらえることが嬉しいから、そのうちすぐに気持ちよくなってくるから、紗世、大学二年生になって、オーケストラでバイオリンを弾いているよりも、洋一と一緒にいる方が好きになっているんです。
「ああん、いやぁああん、あん、あん、せんぱいぃ」
足をひろげ、お尻をもちあげ、上半身を机に伏せた格好から、洋一に腕を持たれて胸を持ちあげた紗世。スカートは腰にめくりあげられたまま、お臍のところからブラウスの中へ手をいれられ、キャミのなかへ、ブラのなかへと手を入れられ、紗世、おっぱいを弄られながら、ぶすぶす、ぶすぶす、勃起チンポで膣襞を擦られているのです。
「おおっ、紗世、ううっ、いいよぉ、ぬるぬる、してきたよ」
「ああん、いやぁああん、せんぱい、だめ、だめ、おっぱいぃ」
双方の乳房を揉まれながら、ぶすぶす、後ろから、勃起チンポで、膣のなか、擦られて、紗世、とろとろの透明お蜜が分泌です。気持ちよくなってくる紗世。気落ちいい、とっても、おなかのなかがかき混ぜられて、からだの内側、膣奥の子宮のなかが萌えてきます。
「ああん、いいっ、いいっ、気持いいぃ」
「いいやろ、いいやろ、気持ち、いいやろぉ、紗世」
ぶすぶす、大学院生洋一、勉強の合間にも、いいえ勉強している最中に、紗世のからだが浮かんできます。紗世の顔、紗世の股間、紗世のクリトリス、紗世の陰唇、ひらいた膣口、その紗世が、いま手の中にあるんです。
「ああん、せんぱい、いい、いい、いいっ」
「おおっ、でそうや、出そうや、紗世、おおっ」
「ああん、いい、いい、わたしも、いきそ、いきそお」
バックスタイル、スキンをつけないと、孕んでしまったらたいへんです。ここで小休止。興ざめですが、スキンの袋を机の引き出しから取り出し、手にして封を切るのは、いまはまだ洋一です。すばやくかぶせて紗世と向かい合います。バックスタイルから正常位です。ベッドへはいきません。勉強机とベッドの間、畳一枚分の広さ、白っぽいカーペットを敷いた空間です。
「ああん、あああん、あっ、あっ、ああん」
仰向いた紗世に覆いかぶさる洋一。紗世の剥き出し股間へ、洋一の剥き出しチンポがまさぐります。ぶすぶすと挿入されます。紗世は太ももひろげきり、足の先を洋一の背中へ。洋一は正座を崩した格好で、紗世の尻をもちあげ、ぶすぶす、ぶすぶす、スキンをつけた勃起チンポが、限界をこえて痙攣します。ぴしゅんぴしゅん、紗世には、ぴくんぴくん。膣の奥でその突き上げを感じる紗世、あああああ~~っ、と呻きイッテしまいます。昼下がり、洋一のワンルームです。
1200sx1607230016