1200sex1703130076
-2-
ワンピを着たまま、腰までたくしあげられ、ブルマとショーツをいっしょに降ろされれしまう紗世。あっさりと足首から抜いてしまって、ゆるゆるワンピのインナーは、ブラだけ。
「ああん、せんぱいぃ、ああっ」
洋一は、自分でズボンのベルトを外し、脱いでしまった腰にはブリーフだけ。ぷっくら前が膨らんで、そこを紗世に押し当てます。紗世、ワンピをめくりあげられ、首後ろにまとめられてしまって、腰から下は丸出し。抱きあって、紗世が洋一のブリーフの中へ手を入れ、勃起しだしたちんぽを握っちゃいます。
「ううぅ、ううっ、むぅううっ」
唇を塞がれた紗世が、目をつむり、ブリーフの中で握ったちんぽの皮を押し込んでしまいます。洋一は紗世にちんぽを握らせたまま、ブリーフを降ろして、腰を丸出しにします。
「紗世、しゃがめ、ほうら、しゃがんで」
キッスを解き、抱いていた紗世を離すと、しゃがみこんでいきます。洋一は足をひろげ立ったまま。紗世が床に片膝立てて座り込み、洋一のちんぽを目の前にします。紗世は右手にちんぽを握ったまま、左腕を洋一のお尻にまわし、顔を近づけます。
「ふぅうう、ふぅうう、ううっ」
亀頭を剥き出し、じっと近くで眺める紗世、右手に握った陰茎を少し振ります。カリ首まできっちり剥き出し、しごいて、亀頭の先から透明の露を滲みださせます。
「紗世、おおっ、うううっ、ああっ」
洋一が、紗世の頭後ろに、左右の手の平を当てて、腰をゆすります。紗世が、亀頭を唇に挟んで、先っちょの露をまぶします。亀頭を口の中へ入れた紗世。握った陰茎を上下にこすります。陰茎って握って上下に動かしても、皮が動くだけで、なかの棒は動かないんです。紗世、洋一のちんぽを咥えて、なめなめしてあげるのが好き。洋一が呻いて喘ぐ声を聞き、からだが硬直してきて、勃起して、おちんぽが硬く硬くなってきて、ええ、唇でこすってあげて舌でなめなめしてあげる。
「あああん、せんぱいぃ、あああん」
立たされた紗世。足をひろげられ、股間へ手をかぶせてくる洋一です。勉強机の天板に座らされる紗世。勉強椅子に座る洋一。
「あああん、はぁああ、あああん」
机に座って太ももをひろげる紗世の正面に、洋一の顔がきます。紗世と洋一が結合するまえ、紗世が洋一の唇と舌で、股間部、陰唇から膣まわりを、舐められ吸われて、クンニリンクス、濡らされるのです。