BlogPaint
-22-
バイブレーターのスイッチが入れられると、聡美はもがき呻きます。でも手と足をひろげて括られただけなのに、身動き取れないんです。びびびび、びびびび、くねくねくねくね、くねくねくねくね。
「ひやぁああん、ひやぁああ、ああん、ひぃいいっ、ひぃいいいっ」
「ふふふふ、もっと歓べ、聡美、ふふふふ、もっと、もっと、呻き悶えろ」
びびびび、びびびび、くねくねくねくね、まだ大学を卒業して銀行員になったばかりだった聡美が、全裸にされ、マ目の前で男たちにみられているんです。
「ううつん、わぁああっ、うんわぁ、うんわぁ、ああ、ああん」
お尻をくねらせ、胸をくねらせる全裸の聡美。紐パンティで、バイブレーターが抜け落ちないよう、留められている聡美です。狂おしい声をあげだして、バイブの動きがストップです。なんどか上げ下げされてきて、聡美の膣のなかは、もうもう、たっぷりと濡らしているのです。
「まあ、いいか、バイブ責めは、これくらいだな」
村瀬が、聡美を責めている入江にいいます。
「カメラはどうかな、今日のところは、これくらいでいいですか、大木さん」
「まあ、これだけ撮れれば十分ですね、この後も撮りますから」
「聡美をイカセてやるのは、ナマのチンポ、だからねぇ」
村瀬がカメラマンの大木と会話しながら、入江に指示をだします。
「聡美の足を解いやれ、手はひろげたままにしておけ」
入江は、聡美の足首を括った紐を解き、足を伸ばさせ、バイブレーターを外してやります。聡美は、無言のまま、為されるがままです。
「はぁあ、いやぁああ、あああん」
全裸で手をひろげ、パイプの背凭れに括られたままの聡美が、村瀬が手にした羽根で、乳房を擽られて声を洩らします。
「聡美、どうだ、ここにいて、客をとるかい、ふふ、ようく考えろ」
村瀬は、まだまだ性的に未開発の聡美を、たっぷり仕込んで、エロスショーのヒロインにしたいと考えているのです。栄養士の山内と整体師の入江から、からだを改良され、養殖されていく聡美。しだいに精彩を放つ女性美を醸しだす女子に変身してきているのです。