1200sex1703080068
-21-
背凭れがパイプの椅子に手首と足首をひろげて括られ、お尻を突き出し持ちあげられている聡美。バイブレーターが挿入された膣。紐パンティが穿かされ、バイブレーターが抜け落ちないように、根元が紐で留められています。
「ふふん、聡美、見ていてやるから、よろこんで、アクメへいくんだよ」
聡美の臀部のまわり、正面には山内、右横に村瀬、左横に入江が位置します。カメラマンの大木は立ったまま、カメラを聡美に向けているんです。
「ああん、見ちゃ、いやぁああん、ああん、ああん」
恥ずかしい、赤ちゃんがおむつを替えてもらうよりも卑猥な格好です。お尻を突き出した前に、男たちの姿が見える聡美には、堪えがたい羞恥です。山内が、スイッチを入れます。
「ああああっ、ううっ、わぁああっ、ああああん」
バイブレーターのスイッチが、強に入れられた瞬間、聡美の叫びの声が大きく吐かれたので、山内は、振動を微弱へと緩めます。
「ゆっくり、たっぷり、飼い殺しだな、聡美、楽しませてくれよ」
横からの村瀬が、ニタニタ顔で、聡美の羞恥姿を見たままで、言います。聡美は、目線を合わせないよう、顔を横に向け、恥じらいを、屈辱を、隠そうとしてしまいます。微弱のバイブ、スイッチがオフにされ、静止です。
「ああん、なんで、こんなこと、ああん、どうしてぇ」
「ふふふふ、聡美、男が見てよろこぶ、そんだろ、男のために、だよ」
動かないバイブレーターの合間に、聡美のボルテージが降ろされ、正気に戻され、羞恥が倍増させられます。
「ああん、恥ずかしい、こんなかっこう、恥ずかしいですぅ」
「ふふふふ、そうだな、ふふふふ、おめこ、まるだし、だもんな」
「ああん、いやぁああ、そんなこと、いわないで、くださいぃ」
「バイブを突っ込まれて、イカセてもらっています、だよな」
「ああん、だめ、ああっ、ひぃいいっ、ひぃいいっ」
話の途中で、バイブレーターのスイッチが入れられ、稼働しだして、聡美の声が、悲鳴にかわります。ぶっすり、膣の奥まで挿し込まれているバイブレーターです。振動がはじまると、聡美、身体の奥が痺れます。どうしたものか、逃れようがありません。苦痛のような快楽のような、わけがわからない感覚に見舞われてしまうんです。
「ひぃいい、ひぃいいっ、ひゃああん、ああん」
調教部屋のパイプ製の背凭れ椅子に、手首と足首ひろげられて背凭れに括られ、臀部を突きだし持ち上がっていて、膣には白いバイブレーター。抜け落ちないように、紐パンティを穿かされている22才の元銀行員の聡美です。