愛欲の部屋

エッチな男と女のセックス物語です。 写真はネットからいただいています。

2017年03月

1200sx1412150054
-5-
<調教部屋の聡美>
調教部屋は八畳の洋室だからそれほど広くはありません。密室ですがカーテンウオールを開くと16畳の広さ、見世物部屋です。聡美のエロスショーがおこなわれる時にはひろげられ、調教部屋はステージです。
「聡美、だいぶん慣れてきたようだな、ふふん、セックス、好きなんだろ」
「ううっ、ああん、そんなの、ちがいます、好きとちがう、ちがいますぅ」
「ふふん、ほんとうかな、たっぷり、いい声だしてるじゃないか、うっふふっ」
調教部屋の十字架柱に括りつけられている聡美が、顔をうなだれながらも、村瀬の言葉に反応しています。全裸にされた22歳、銀行員だった聡美です。もう幾日が過ぎたのか、日にちの感覚もなくなった聡美が、正常ではなくなってきているのです。
「うっ、ふふっ、足を、ひらかせろ」
「わっかりました、師匠、足を開かせます」
壁際に取り付けられた十字架です。手をひろげ括られている聡美を、正面から眺めている男たちです。カメラマンの大木は、聡美の十字になった磔姿を記録しています。
「足をひらかせて、股をひろげて見せるんだ」
板に乗せられた足裏。その板が持ち上げられ、聡美の足首がひろげられてしまいます。
「ほうら、おすもうさん、聡美、シコをふむ、蟹股、いい格好だな」
「ああん、いや、いや、いやですぅ」
膝を閉じようとする聡美。閉じようとしても閉じきれるわけもないのに、閉じようとするんです。
「ひろげさせろ、足、ひろげさせろ」
膝が横に、真横にひろげられていきます。股間が丸見えになるけれど、下を向いたままです。
「乳房を揉んでやれ、股間を弄ってやれ」
「かしこまりました、師匠」
山内と入江が聡美の弄り役です。栄養士の山内が、羽根をもって乳房擽り役です。入江は張形男根を持って、股間を弄り役です。正面には大木が、4Kカメラを三脚に据え付けています。




1200sex1703080042
-4-
裸の聡美は、手をひろげ、足をひろげ、腰を浮かして反り返っています。八畳の調教部屋、その真ん中に置かれた幅60㎝長さ160㎝の長椅子ベッドに仰向きの聡美です。
「ほうら、ほうら、おっぱい、乳首、揉んで、抓んで、ほうれ」
「ひやぁあ、ああん、あああん、やめて、やめてくださいぃ」
「うっふふ、ほうら、陰毛、うっふふ、クリを剥いてやろうかな」
乳首をつまんで引っ張りあげ、揉んでいた入江が、陰毛を逆撫ぜして、クリトリスが包まれた皮を露出させます。
「だめ、だめ、だめですぅ、ああん」
「うっふふ、火照ってるんだろ、そこらじゅうが、火照ってる、ここも、だな」
陰唇は閉じたままの先っちょです。入江康夫は、クリトリスを剥き出すのではなく、皮被りのまま指の腹でこすりあげるんです。村瀬が見守っています。山内も見守っています。大木伸介がデジタルカメラで写真を撮っています。
「ひらいてあげましょう、うっふふ、ほうら、ねっ」
入江は乳首からは手を放し、こんどは聡美の股間のまえに立っています。聡美のからだに手を伸ばし、左右の小陰唇を指に挟みます。右の小陰唇は右手の親指と中指に、左の小陰唇は左手の親指と中指に、です。そうして手で小陰唇をめくりあげてしまうのです。めくりあげるだけです。
「ああん、いやぁああん、いやああん」
「おおっ、ピンク、綺麗なピンク、淡いピンクじゃないか」
「おおっ、とろとろ、濡れ出てきてまっせ、聡美の蜜が」
「ふふっ、淫乱だよな、聡美、さすが秘密の蜜液、よく効くんだな」
「いやぁああん、ひぃゃあ、ああん」
「まあまあ、聡美、そんな顔するな、高揚してるんだろ、イカセて欲しいんかい」
「ああん、いやぁああん、ああっ、ああっ」
めくりあげられている小陰唇の下部にある膣から、トロリトロリと透明の蜜が流れ出てくるんです。
「ここまでだな、体力残しておかないと、な」
「休憩のあとは、一発づつ、頂かせてもらうんだから、なっ」
「はぁあ、ああん、いやぁああん、もう、もう、おわりなのぉ」
中途半端な高揚に、聡美、うずうず状態、でも、膣のなかへは指すら入れられないまま、午前の部が終えられるのです。
「あとの楽しみ、聡美、たっぷり、可愛がってやるから、なっ」
長椅子ベッドから降ろされ、赤い首輪にはロープがつけられ、全裸のまま監禁部屋の檻へ戻されていく聡美。大学を卒業して銀行員になったばかりの22歳、落合聡美です。




BlogPaint
-3-
調教部屋に連れてこられた全裸の聡美。首に赤いベルトを巻かれただけ。男たちが見ている調教部屋、幅60㎝長さ160㎝の長椅子ベッドに手と足をひろげて括られている聡美です。すでに身体マッサージを受けるため、全身蜜液まみれにされています。
「ふふ、そろそろ、利いてきたんだろ、聡美」
蜜液を塗られた肌は、しだいに火照ってきています。乳首と股間の縦割れ唇には塗られていない聡美です。
「はぁああ、ああん、だめ、感じちゃう、ああっ」
全裸の聡美、仰向いた裸体の腰にクッションを入れられているので、身体は弓なりに反り返っています。
「乳首にも、股ぐらにも、塗ってもらはないと、いかんよなぁ」
村瀬が、聡美の裸体を見ながら、いいます。身体トレーナーの入江が、聡美の顔を撫ぜ、胸の乳房を撫ぜながら、村瀬に答えます。
「まあまあ、師匠、乳首とオメコには、塗らなくったって、聡美、感じてきよります」
「そうだな、慌てることないな、ゆっくり、たっぷり、だな」
「そうですよ、師匠、聡美は、たっぷり感じますから、悶えるのを見て、楽しみましょう」
聡美は、男たちの声を聞きながら、火照りだす身体の異変に、身をくねらしだします。
「ああん、いやぁあ、ああん、だめ、あああ、だめ、ああん」
手をひろげ、足をひろげ、腰を浮かして反り返るからだです。感じだしてむずむずするからだ。肩をあげ、足をひろげ、お尻をゆすりだします。むず痒いように感じられて、掻きたいところなのに、手首足首をひろげ括られているから、思うようにんらない、掻けないのです。
「うっふふ、乳首を、つまんで、やりましょう」
入江が、聡美の双方の乳首を指に挟み、引っ張り持ち上げ、揉んでやります。
「ひぃいいっ、ひぃやぁああっ、ひぃいいっ」
聡美は、それでなくても火照ったからだ、乳首をつままれ、悲鳴に似た悶え声をあげてしまいます。表情を歪めます。
「うっふふ、感じだしてるでしょ、聡美、可愛いでしょ」
「そうだな、さすが、銀行員だ、素敵だな、胸キュンだな」
「そうでしょ、おめこ、さわってやると、女ってのは、もっと可愛くなるんですよ」
「そうかい、それは、楽しみだ、やりたいの、ぐっとこらえて、待っていよう」
「午後には、一発づつ、やってやりましょう、それまでは、うっふふっ」
60㎝×160㎝の長椅子ベッドに仰向いて大の字、全裸の聡美です。男たちの鑑賞に、羞恥をこらえて堪えないといけないんです。股間弄りは、まだまだこれからです。





1200sex1703080133
-2-
幅60㎝長さ160㎝の長椅子ベッドの四隅に、高さ30㎝のポールが立っています。仰向きに寝た聡美の手はひろげられポールに留められています。足首もひろげられてポールに留められています。臀部に丸いクッションを入れら反り返っている聡美、全裸で大の字です。
「うっふふ、ローションを塗りこんでやるから、ねっ」
入江康夫の手によって、全身マッサージを施されていく元銀行員の聡美22歳です。
「はぁああ、ああん、はぁああ、ああん」
瓶からからだに落とされ全身に、たっぷりと塗られていく透明の蜜状の液。冷たいけれど、こころもち、肌に潤い、気持ちいいです。
「たっぷり、塗ってあげる、ほうら、おっぱいにも、いいでしょ」
ぷっくら盛りあがる乳房に、蜜を塗られてマッサージされる聡美。乳首には触れられません、乳房だけです。乳房の間からお臍にかけて、腰まわりへ。乳房の間から首筋にかけて、肩、腕、手首にまで蜜が塗られます。
「いいだろ、聡美、ヌルヌル、気持ちいいだろ」
冷たい感触だったのに、生暖かく感じるようになった聡美。火照ってくる感じがしないでもありません。局部に塗られると、火照って、火照って、火照りまくってくる蜜液です。
「ほうら、おっぱい、いいね、柔らかい、そのうち、硬くなってくるんかなぁ」
お臍から陰毛が生える恥丘をマッサージされます。陰毛が蜜液に濡れてべっちょりです。それから、腰、太もも、クッションに乗せられた臀部がマッサージです。
「はぁああ、ああん、いやぁああん、ああん」
聡美が身悶えだします。手首も足首もひろげて固定されているから自由には動けません。お尻から腰にクッションが入れられ、身体が反りかえっているから、それほど身動きもできません。でも、聡美、身体をくねらすのです。
「ああん、いやぁああん」
太ももを閉じようとします。手首をすぼめようとします。でも思うほどには動かせません。
「ああん、いやぁああん、ひぃいい、ひぃいい」
足先まで塗られて、マッサージされながら、乳首とクリトリスからお尻の穴までの縦線は触られないままなのです。聡美が要求するまで、触られないのです。



このページのトップヘ