愛欲の部屋

エッチな男と女のセックス物語です。 写真はネットからいただいています。

2016年11月

1200sx1503080063
-6-
恥椅子に開脚Mすがたにされている聡美のオメコへ、村瀬は、勃起させたチンポを、ゆっくり挿しこみ、ゆっくり抜いていきます。
「ほぉおおっ、いいわぁ、聡美ぃ、気持ちいいよぉ」
「ううっ、ううっ、ううううっ」
穿いていたショーツを口に入れられて猿轡された聡美のくぐもった声が洩れ出ます。
「ほうら、濡れてきて、びっちょり、ヌルヌルになってきたよ」
「ううっ、ふうううっ、ううっ、ううううっ」
聡美のオメコが締めつけるその味を、村瀬は、堪能するまで楽しみたい欲求です。下半身を剥き出しにされ、立膝に太ももを拡げきられた聡美は、それを受け入れ、しだいに濡れてびっちょりになってきているんです。
「ふふふ、おっぱいも、剥き出してやろうか」
ぶっすり、チンポをオメコに挿しこんだまま、村瀬が、聡美にいいます。口を封じられた聡美が、目に涙を溜めています。上半身は着衣のままの聡美です。上着は紺のブレザー、ブラウスはフリルがつけられた白です。ボタンが外されていくのを、手を使えない聡美にはそれを止める手立てもありません。
「ふふ、かわいいねぇ、聡美、22歳なんだ、大学卒業したとこなんだ、いいねぇ」
ブレザーとブラウスがはだけられ、インナーがめくりあげられ、白いブラジャーが露出です。
「うっ、うっ、ううううっ、ふううううっ」
手を、ブラジャーのなかへ入れられてきて、聡美がからだを、左右にねじって揺すります。手首をアームに括られているから、自由がききません。声が出せません。ブラジャーのホックが外され、持ち上げられ、双方のぷりぷり乳房が露出されてしまったのです。腰にはスカートが留められたまま、ほぼ恥ずかしい処が露出させられてしまった22歳銀行員の聡美です。

村瀬が乳房を露出させた聡美を、弄っていきます。口にはショーツを埋められた猿轡です。胸が剥かれて乳房丸出し、下半身は尻から八の形に延びるアームに立膝で太ももが拡げられていて、股間が丸出しです。銀行に勤める今春大学を卒業したばかりの22歳、落合聡美です。
「いいからだ、聡美、おっぱい、ぷっくら柔らかい、オメコが、じゅくじゅくだよぉ」
村瀬は、勃起させたチンポを抜き、聡美の剝きだした股をしげしげと眺めながら言います。猿轡をされている聡美には、呻くしかありません。そうして村瀬が、左手で乳房を、右手の指で膣のなかを、触りだします。
「うううっ、ううううっ」
「ふふふん、こうしてされるのが、好きなんだろ」
「うううっ、うううっ、ううううっ」
顔を左右に振る聡美。目に涙、手を握り、足指を内に折り曲げる聡美。乳房と膣中弄られている聡美。村瀬への抵抗ができないから、こらえるしかありません。ただ、女の急所を、じんわり、じんわり、責められると、聡美、うずうず感が生まれてきちゃいます。
「ふふん、感じるんだろ、聡美、もっと、もっと、感じさせてやるよ」
村瀬が、聡美のこころを読み取るように、ゆっくりと、ねちねちと、責めあげます。聡美は、初めてのことだから、どう対処したらいいのかわからないけど、ぐじゅぐじゅな感じがしてきて、呻いていきます。
「ううううっ、ううっ、ううっ、うううううっ」
恥椅子、検診台、女が股をひろげられて観察される台の上、其処のところがカメラに撮られ、モニターに映し出されていく四畳半の恥部屋です。村瀬の責めに、少しずつ感じあがっていく聡美。猿轡が取られると、聡美の口からはもう喜悦のすすり泣きが洩れだしたのです。



1200sx1603210077
-5-
女の検診台に似た恥椅子に座らされている聡美です。開脚Mすがた、下半身が剝き身の聡美を、村瀬の情欲が襲います。ズボンのベルトを外して、ブリーフごと足元へ降ろして脱ぎ去る村瀬です。立ったまま、そのままで聡美のオメコへ、チンポが挿し込める高さです。
「ひゃああっ、だめ、だめ、ひゃああん」
手首をひろげられ、足首をひろげられ、斜め後ろに倒れた聡美が、村瀬の下半身を見せられて、顔をそむけます。
「ふふん、おれのチンポ、でっかいだろ、入れてやるから、なっ」
村瀬が勃起状態のチンポの陰茎を握って、聡美のひろげられた股に近づけます。120度にもひろげられた聡美の股間。
「ひやぁあ、ああん、だめ、だめ、ひやぁああん」
ぶすっ、亀頭がオメコに挿しいれられると、聡美の声が一気に高鳴ったのです。
「ふふん、初めてじゃないんだろ、経験済みなんだろ!」
ぶすっ、チンポの亀頭から陰茎の半分までが、聡美のオメコに挿しこめられます。挿しこんだ村瀬は、じっと挿し込まれた個所を眺めたまま、両手を聡美の太もも内側にあてがい、さすりあげます。
「ひやああん、だめ、だめ、ああん、だめですぅ」
聡美が声を荒げるので、村瀬が太ももに置いていた手で、口をふさぎます。そうしてその口に穿いていたショーツが埋められ、紐で口から後ろへ括って、聡美に猿轡を咬まされたのです。

「うっふふ、聡美、もう、観念しな、ここには、おれたち二人だけだよ」
「ううっ、うう、うう、ううっ」
勃起したチンポをオメコに挿しこまれている聡美が、村瀬の顔を見て、恨む顔つきで涙です。
「ううっ、ううううっ、ぐぅううっ」
「いいねぇ、聡美、よう締まってくるじゃん、いいねぇ」
村瀬が非常にも、勃起させたチンポを、聡美のオメコへ、ゆっくりと挿し込み、ゆっくりと抜いてきます。亀頭だけ聡美の膣に残して、陰茎を全部、カリ首の処までを引き抜いて、ストップさせるんです。
「うううっ、ううっ、ううっ」
猿轡を咬まされた聡美には、呻き悶える声がくぐもってしまいます。恨めしい、こんなことされて、目の前の大きなモニターに映し出されているんです。
「ほうら、おれのチンポ、受け入れろ、ほうら」
ぶすぶす、陰茎がまっすぐに、聡美の膣に挿しこまれ、村瀬の陰毛が聡美の陰唇を包むところまで、密着です。
「うううっ、ううっ、ううっ」
チンポをオメコの奥にまで挿し込まれた聡美には、その圧迫感がそのまま快感にかわってからだのなかを駆け巡ります。
「うっ、ふふっ、聡美、この部屋、素敵だろ、おれの好きな恥部屋だよ」
四畳半の洋室ですが、この部屋は、連れ込まれた女子が屈辱を受けながらも、性感帯を開発されてめろめろになっていく部屋なのです。



1200sx1602050048
-4-
恥椅子に座らされた聡美は、村瀬の心がつかめないんです。数時間前に知ったばかりで、いつの間にか眠らされ、このマンションへ連れてこられ、こうして四畳半の洋室に入れられている自分が、わからなくなっています。
「向井聡美、22歳かぁ、可愛い顔だし、スベスベ肌だし、おれ、一目惚れしちゃったんだよなぁ」
まだ村瀬は30歳になったばかり、親からの資産を引き継ぎ、車はベンツ、宝塚のマンションには、女を囲ってするプレイルームまで用意してあって、誘惑してきた女子を、弄って、セックスして、別れるんです。
「ああん、許してください、降ろしてください、おねがい・・・・」
恥椅子に太ももを120度にひろげられ、膝を持ち上げられている聡美。下半身は剝き身にされた裸です。上半身はボタンが外されているけど、上着ごと身に着けています。
「ほんなら、聡美のおまんこ、見させてもらうから、いいね」
上半身は仰向きに寝た状態とはいえ、斜めに起こされていて、観察される村瀬の全部始終が見えています。目の前横の壁面には、50インチのビデオモニターがつけられているから、村瀬からの目線が、聡美にもわかる仕組みです。恥椅子とシングルベッドは、村瀬が知り合いのアーティストに作らせた、特別仕立ての道具です。女子を弄り観察し、男の欲望を満たす装置です。
「ああん、いやぁああん、さわるの、やめて、くださいぃ・・・・」
聡美の悲痛な表情に、村瀬は冷徹な仮面をかぶった男を演じます。女のからだ、その隅々まで観察して、なめまわし、弄りまわして、チンポを女の其処に挿しいれて、最後の満足を得ていくのです。村瀬の性欲は一人に続けて三回以上の射精です。学生時代に関係した男子がいたとはいえ、聡美は、まだまだセックスにはうぶな女子です。

聡美の拡げられた股間、その真ん中へ、指を挿しこんでくる村瀬です。
「ああん、だめ、ですぅ、そんこと、だめ、だめ、だめですぅ」
恥椅子の聡美、丸見えにされた恥丘には陰毛が茂り、その下部には色づいた縦割れの唇です。白い肌に少し茶色味を帯びた陰唇です。村瀬が、その陰唇を指に挟んで左右にひろげ、膣口をあらわにして指を挿しいれたのです。
「うっ、ふふっ、濡れてる、聡美のここ、濡れてるねぇ」
「ああっ、だめ、だめ、だめですぅ」
恥ずかしい処をひろげられ、それだけでも羞恥の極みなのに、陰唇をひろげられ、膣のなかを触られてしまう屈辱。聡美は22歳ですが検査を受けたことがない未婚の女子です。屈辱は、この恥部屋で粉々にされてしまいます。
「いいねぇ、触りがいあるよねぇ、処女じゃないんだろ、痛がらないもの、ねっ」
膣に指を入れたまま、聡美の顔を見上げて、村瀬が言います。聡美は、グジュグジュ、羞恥のなか、顔が真っ赤です。たしかに、大学三年、二十歳になったとき、恋人だった男子と、関係をもちました。だから、セックスを知らないわけではないけれど、深くハマる前に別れてしまったのです。
「ここ、聡美のここ、名前、なんて言ったか、聡美のここ、言ってごらん」
聡美は、村瀬が訊いてきていることに、恥ずかしくって答えようがありません。


1200sx1602150039
-3-
四畳半の洋間、アンティークな棚にはエッチなお道具が並べられ、シングルのベッドが置かれてあり、恥椅子が置かれています。聡美はいま、恥椅子と呼ばれている産婦人科の検診台にそっくりの椅子に寝そべるように座らされているんです。
「いやぁああん、いやですぅ」
着衣のまま、手首を拡げて結わえられ、足首を結わえられて拡げられ、立膝の格好で太ももが直角に開かれているんです。
「おおっ、ぐちゅぐちゅ、濡れてるじゃん、お、め、こ」
聡美を誘惑してきた村瀬が、腰まわりを露出させた股間の真ん中へ指を挿しいれたところです。聡美は、恥ずかしさばかりで、頭の中は真っ白、何が起こっているのかの判断もできないくらいに、動転しているんです。
「はぁああん、ゆるして、ゆるしてください、こんなことぉ」
ベンツでドライブしているときには、イケメン村瀬に恋心を抱いたものの、その感情はどこかへいってしまって、いまは、恥ずかしい、それだけ。
「脱いでもらうよ、聡美、22歳、銀行に勤めているんだね」
恥椅子の聡美が拡げた膝と膝の間に立った村瀬が、聡美の身分証明書を見ながら言ってきます。聡美が気を失っているあいだに、カバンの中を物色され、スマホと財布を持ち出されてしまったのです。
「ストッキングとこの下穿き、可愛い、白い、ショーツを、脱いでもらうから、ねっ」
もう太ももの根元まで降ろされているストッキングと白い生成りのショーツです。足首は拡げられたまま、膝と膝の間がすぼめられ、ストッキングとショーツはふくらはぎの処まで脱がされてしまったのです。
「ふふん、いいねぇ、聡美、剥いてやったよ、うれしいかい」
聡美の姿がカメラに収められていて、50インチのモニターに映し出されているから、その姿を見せられているから羞恥ばかりです。

「いやぁああ、こんなの、恥ずかしいじゃ、ないですかぁ、ああん」
「ふふふふ、股を、拡げて、やらないと、いけないね」
すぼまった膝の内側に手のひらを置いた村瀬が、聡美の膝を左右に広げだします。膝が拡がると、足首がすぼまってくる仕掛けです。足に沿わされたアームが、自在に動かされてしまうんです。
「ほうら、開いてきたよ、聡美、お膝が、ほうら、開いた、開いた」
股間から左右の太もも、その角度は90度を超えて、120度近くにまで拡げられてしまったのです。足首は内側に曲げられて、足裏と足裏も拡がったまま、宙にあります。
「ストッキングとショーツ、脱がしてあげようね、うっふふっ」
村瀬はかなり落ち着いた感じで、聡美の顔を眺め、剥きだされた股間を眺め、ふくらはぎに紐状で広がったストッキングとショーツを、足首のベルトを外して抜き去り、脱がしてしまって、実質上、聡美の下半身を一糸も纏わない裸にさせてしまったのです。
「美しいねぇ、聡美、白くてスベスベのお肌じゃないか、陰毛は黒いけどさぁ」
村瀬が、聡美の太ももを、根元のところから膝にかけて、さするように触ってきます。聡美は身震いですけど、その手を退けることができません。
「ううっ、ああっ、こそばい、いいっ、あああっ」
「うっふふっ、聡美、柔らかい太もも、あとで、吸わせてもらうけど、うっふふっ」
「ああん、そんなことぉ、だめです、だめですよぉ」
120度近くにまで拡げられている股間から、太ももを、膝のところまで撫ぜおろされる聡美には、羞恥と怖さが入り交じった思いです。上着はボタンが外され、ブラウスもボタンが外されているとはいえ、インナーとブラをつけたままだから、乱れた上半身は隠されたままです。村瀬の好みは、女の身体をいじくることです。縛り上げたとはいっても、手首を足首を拘束しただけだから、半裸のからだは、かなり動かすことができるんです。



1200sx1607280074
-2-
半裸にされて、後ろ手に縛られてしまった聡美が、別室へ連れてこられます。狭いです。四畳半の洋間です。調度品は、SMのためのお道具が、棚に並べられていて、ビデオカメラが三脚に据えられ、壁面には大きな液晶の50インチもあるテレビがつけられています。
「ここに、座れ、電動の椅子だ、可愛がってやるから、さぁ」
「ええっ、ここに、座るんですか、わたしが、ですか」
美容室にある椅子に似ていますが、電動仕掛けで、検診台になる椅子。恥椅子という名前だと、どこかで見たような記憶が甦ってくる聡美です。内心、こわごわ、泣けてきそう、不安です。
「たっぷり、可愛がってやるから、いいなっ」
椅子に座った聡美のそれぞれの足首を、左右のアームに結わてしまう村瀬。縛られた上半身の紐が解かれ、手首を肘掛に結わえられてしまった聡美。はだけたブラウスの下にはインナーとブラに隠された乳房があります。
「ああっ、こんなの、どうしたら、いいのよ、わたし、ああん」
「ふふん、わかっているくせに、さっき、写真を見せただろ」
タイトのスカートは膝上10㎝、ストッキングを穿いた足。村瀬が、電動の椅子にスイッチを入れると、足が拡げられだし、手が拡げられだしたのです。そうして上半身が後ろへ倒れ、膝あたりが持ち上がり、いつの間にか産婦人科で検診してもらう格好に、なってしまったのです。
「わかったかい、聡美、たっぷりと、弄って、観察して、それからだ、楽しもうぜ」
「はぁああっ、そんなことぉ、だめですよぉ、訴えますよぉ」
「まあまあ、これは、聡美との合意に基づく行為だからさぁ、興奮しないで」
まだ着衣だとはいっても、からだは大の字タイトのスカートは太ももの根元にまで引きあがっていて、ストッキングとショーツが丸見えになっているのが、大きなモニターに映っているじゃないですか。

「ふふん、ごこから、裸に、してほしいんだろうな、聡美の場合は」
村瀬はニタニタしながら、四畳半の洋室、その真ん中に置かれた恥椅子の、聡美の前に立っているんです。
「そんな目で、見ないでくださいな、わたし、恥ずかしい」
聡美の正面、50センチほどの処、膝を拡げたそのすぐ後ろに立った村瀬の目線が、ストッキングとショーツに覆われた股間に注がれているんです。
「ここからだね、剥いてやるのは、ここだな、やっぱり」
村瀬が手を伸ばしたのは、聡美のスカートをめくりあげたあとの、腰に留まっているストッキングのくち、ショーツの腰ひもの処です。
「ゾクゾクしちゃうんだよな、いつものことだけどよぉ、聡美、尻を剥いてやるよ!」
村瀬が聡美のストッキングとショーツを、腰から拡げて尻から抜いてしまい、太ももの根元の処で止めたのです。
「ああん、いやぁあん、こんなこと、ああん、だめ、恥ずかしい」
陰毛が露出してしまって、腰が丸出しになって、お尻が丸出しにされてしまった聡美です。
「あとはハサミで切るのがいいんでしょ、聡美」
「ああん、困ります、それは困ります、着替えがないですからぁ」
「ふふん、そんなことか、可愛い着替えがあるから、大丈夫、コスプレ」
白い肌、すべすべの肌、腰まわり、ぽっちゃりお尻、なによりも村瀬がゾクゾクするのは、陰毛の黒々毛並みです。少しだけ聡美の陰唇、その先っちょが見ようと思えば見てとれます。四畳半、バッハのオルガン音楽、フーガが鳴りだして、荘厳な感じが室内を満たしているかのようです。
「ひやぁああん、だめ、だめ、許して、そこ、触るの、許してぇ」
聡美の声がパイプオルガンの荘厳な響きにかき消されそうです。膣にいきなり指を挿しこまれた聡美です。


BlogPaint
-1-
落合聡美は今年の春、大学を卒業したばかりの22歳です。大手の銀行に総合職で勤めだした才女、それなりの資産家の娘だから、育ちが良くて可愛くて、可憐なまなざしで男子銀行員に注目される存在。窓口担当に配属されて半年、お客さんの受けもよく、その可愛い美貌だから、聡美をモノにしたいと思う誘惑犯がいてもおかしくはありません。
「ええ、わたし、落合ですが、ああ、わかります、お客さんですよね、ありがとうございます」
心斎橋のグリコの前の橋のうえをひとり歩いていた時、イケメン美男子に声をかけられ、挨拶をしたところです。
「よかったら、つきあいませんか、ベントでドライブとか、いかがですか」
30歳前後に見える若き実業家といった感じの男、たしか名前は、むらせ、村瀬という苗字だったと、聡美は思います。独身女子だから、独身らしい男子に声かけられて、それもイケメン男子だから、乗せてもらうことに心を許します。
「いいですよ、ひまですから、連れてってください」
金曜日の夜、聡美は、たまたま偶然に会ったものとの思いですが、村瀬にとっては、計画通りに進めているところです。六甲の方へ夜のドライブ、そうして聡美が気がついたのは、マンションの一室でした。

「目が覚めたかい、落合さん、どうしちゃったのかと思いましたよ」
そういえば、神戸の夜景をみていて、それからの記憶がなくなっているのに気づいて、聡美こそ、いま、ここにいることが、どうしてなのか、わからない。
「ここは、何処?、わたし、どうして、此処に?」
「まあ、いいじゃないですか、あす、あさってと土日でお休みでしょ」
「まあ、それはそうですけど、ああっ、わたしのカバン、何処?」
「預かっています、ぼくが、預かっています」
高級マンションの一室といった感じですが、聡美には、此処の所在地がわかりません。
「もうわかっているだろ、落合聡美さん、22歳なんだってね、いい関係になろうよ」
村瀬は、憂えた表情で聡美が一目惚れしてしまうほどの優男に見えます。でも、いきなり、いい関係になろうよと言われても、聡美は、それは、すぐには、承知できません。でも、抵抗はしたけれど、聡美は強引に手首を縛られ、半裸にされてしまったのです。
「聡美さんに、こんなこと、してあげたいんだよ、ぼく」
裸にされて縛られて、ソファーに座らされた聡美に、村瀬がSM写真を見せだしたのです。聡美は、目に涙です。村瀬はイケメンだけど、抵抗したらなにされるかわからないから、怖い気持ちもありますが、むしろ悲しい持ちになってきたのです。


このページのトップヘ