愛欲の部屋

エッチな男と女のセックス物語です。 写真はネットからいただいています。

BlogPaint
-1-
落合聡美は今年の春、大学を卒業したばかりの22歳です。大手の銀行に総合職で勤めだした才女、それなりの資産家の娘だから、育ちが良くて可愛くて、可憐なまなざしで男子銀行員に注目される存在。窓口担当に配属されて半年、お客さんの受けもよく、その可愛い美貌だから、聡美をモノにしたいと思う誘惑犯がいてもおかしくはありません。
「ええ、わたし、落合ですが、ああ、わかります、お客さんですよね、ありがとうございます」
心斎橋のグリコの前の橋のうえをひとり歩いていた時、イケメン美男子に声をかけられ、挨拶をしたところです。
「よかったら、つきあいませんか、ベントでドライブとか、いかがですか」
30歳前後に見える若き実業家といった感じの男、たしか名前は、むらせ、村瀬という苗字だったと、聡美は思います。独身女子だから、独身らしい男子に声かけられて、それもイケメン男子だから、乗せてもらうことに心を許します。
「いいですよ、ひまですから、連れてってください」
金曜日の夜、聡美は、たまたま偶然に会ったものとの思いですが、村瀬にとっては、計画通りに進めているところです。六甲の方へ夜のドライブ、そうして聡美が気がついたのは、マンションの一室でした。

「目が覚めたかい、落合さん、どうしちゃったのかと思いましたよ」
そういえば、神戸の夜景をみていて、それからの記憶がなくなっているのに気づいて、聡美こそ、いま、ここにいることが、どうしてなのか、わからない。
「ここは、何処?、わたし、どうして、此処に?」
「まあ、いいじゃないですか、あす、あさってと土日でお休みでしょ」
「まあ、それはそうですけど、ああっ、わたしのカバン、何処?」
「預かっています、ぼくが、預かっています」
高級マンションの一室といった感じですが、聡美には、此処の所在地がわかりません。
「もうわかっているだろ、落合聡美さん、22歳なんだってね、いい関係になろうよ」
村瀬は、憂えた表情で聡美が一目惚れしてしまうほどの優男に見えます。でも、いきなり、いい関係になろうよと言われても、聡美は、それは、すぐには、承知できません。でも、抵抗はしたけれど、聡美は強引に手首を縛られ、半裸にされてしまったのです。
「聡美さんに、こんなこと、してあげたいんだよ、ぼく」
裸にされて縛られて、ソファーに座らされた聡美に、村瀬がSM写真を見せだしたのです。聡美は、目に涙です。村瀬はイケメンだけど、抵抗したらなにされるかわからないから、怖い気持ちもありますが、むしろ悲しい持ちになってきたのです。


BlogPaint
-3-
銀行員の聡美が翔太のチンポを愛するとき、まるで娼婦のように従順で、翔太をたっぷりよろこばせます。もちろん翔太に可愛がられることで、聡美は銀行勤めのストレスを、すっかり解消してしまうんです。
「ううん、翔太のおチンポ、おいしい、とっても、おいしいのよぉ」
ベッドに仰向いた裸の翔太の真ん中、勃起させたおチンポを、軽くにぎって、軽くしごいて、亀頭を指先で擦ってあげて、俯いて、その亀頭を唇に挟んで口の中へと含んであげるんです。
「うううん、ふううっ、ううっ」
べちゃぐちゃ、亀頭をなめ、カリ首を、舌の先で、ちょろちょろとなめまわす聡美。全裸です。翔太の勃起チンポを膣に挿しこんでいく直前です。聡美は膝を立て、膝を浮かせ、翔太の顔へ、馬乗りになります。
「ああん、翔太ぁ、ああん、わたしのこと、好きぃ?好きぃ?」
「うううっ、すき、すき、さとみ、うううっ」
聡美の股間を、顔に押し当てられた翔太が、苦しまぎれに応えます。聡美の股間の唇が、翔太の唇と重ねられるんです。

翔太の唇、翔太の舌が、顔へ馬乗りになった聡美の陰唇を、なめまわし、陰唇割って舌をちょろちょろ、膣へ入れます。とろとろ、聡美のオメコ汁が翔太の顔を、塗りつぶしていきます。
「ううん、入れていい?、入れてもいい?」
喘ぐ声で、聡美がチンポをオメコに入れてもいいかと訊ねているのです。
「うんうん、聡美、入れてくれ、入れてほしい、ああっ」
聡美は、顔をまたいでいるから、そのままお尻を翔太のおなかから、腰へと移動させます。翔太のチンポを握って、自分の股間に押し当てます。挿入には、翔太が手助けしてやります。聡美には見えない、当てずっぽう、亀頭を股間へあてがうんですが、少しずれてしまうから、翔太が亀頭を膣へ誘導してあげるのです。
「ああん、ひぃいいっ、いいっ、いいっ、ううううっ」
ぶすぶすっ、翔太のチンポが、聡美のオメコへ、挿入されてしまいます。ぶっとい、ながい、そのうえ硬い翔太のチンポを、聡美が咥えこんでしまったのです。

翔太のチンポと聡美のオメコが、きっちりと結合、密着、ヌルヌルです。翔太が寝そべり、聡美が馬乗りです。翔太が手を差し出すと聡美が手を握ってきます。手は指と指の間に、翔太と聡美の指がはいります。右手も、左手も、手を絡めている翔太と聡美です。動くのは聡美が主体です。
「はぁああ、ひぃいい、いいっ」
またいで、太ももをから足首を、膝を介して折り曲げて、膣にチンポを挿しいれている聡美です。お尻を前へ、後ろへ、ほんの数cmですが、擦って動かします。
「ひぃいいっ、翔太ぁ、とっても、ああん、ひぃいいっ」
チンポの亀頭とカリ首が、擦れるんです膣襞に、陰茎を絞めつける聡美のオメコに翔太が喜びます。
「ううっ、ああっ、聡美ぃ、抜いて、挿して、してくれ、ゆっくり、根元までだよぉ」
「はぁああ、いいわぁ、ああん、こんなの、こんなの、ああっ、ああっ」
ぶちゅぶちゅ、ぐちゅぐちゅ、じわじわ、聡美がオメコ汁を垂れ出させてきます。翔太の先走り露が交わります。もう、聡美はとろとろ、翔太もとろろろ、射精が近づいてきます。聡美のオーガズム。擦り動きが激しくなって、聡美、悲鳴を上げて、快楽の真っただ中で、アクメを迎え、お水でべちゃべちゃ、失神なのです。




1200sx1602050068
-2-
おれの名前は三輪翔太、恋人の名前は落合聡美ってゆうんです。銀行に勤めているんだけど、美人というより可愛いんだよな、それに、めっちゃ感じる子なんだよな。乳房と陰唇、いっしょに触ってやるともうヒイヒイ声を洩らしてくるんです。昨日も、おれの部屋へ来たから、抱いてやったら、すぐにその気になってきて、おれのチンポを口に含んでフェラしだすんですよ。おれ、もう、ビンビンになってしまって、それから聡美のオメコをなめてやると、もっともっとと積極的になってきちゃって、もう、おれ、ビンビンになったチンポをブスブスとおめこに突っ込んでやったのです。
「ヒイっ、ヒイっ、ヒイイイっ」
椅子に座らせ、Mの格好にしてやり、おれが向き合って、オメコにチンポ、ブスブス挿し込んでやったんです。
「聡美、ええやろ、おれのチンポ、ええやろぉ」
「いい、いい、ああん、翔太ぁ、めっちゃ、ヒイいいっ」
ブスブスしてやると、聡美はオメコから、トロトロの蜜を垂れ流し出すんです。おれ、チンポがヌルヌルになってしまって、ティッシュで拭くんだけど、すぐにぐちゅぐちゅになってしまいます。

肘掛椅子に座った聡美は、開脚でMすがた、裸にしてやって、おれも裸になってやって、肌を擦りあいながら、乳首を揉んでやり、チンポでオメコをブスブス、グリグリしてやるんです。
「ヒイヒイ、ハアハア、ヒイヒイ、ヒイイイイイっ」
聡美はおれのチンポで気持ちよくなるのがうれしいんだよね。おれにしがみついてくるんです。チンポをオメコに密着させて、腰を揺すってやると、聡美の気持ちよさがズンズンとあがっていくんです。
「おおっ、聡美、気持ちいいんだろ、ほうら、どうやぁ」
「アアン、気持ちイイ、イイ、イイヨぉ」
ブスブス、グジュグジュ、おれは腰を目いっぱい使ってチンポをオメコに挿しこみ、聡美を擦ってやるんです。
「ハアっ、ハアっ、ヒイっ、ヒイっ」
銀行員の聡美が、制服を半分脱いで、おれに奉仕してくれるんだから、もう最高です。

「はぁあああ、ひぃいいいっ」
聡美の泣きがしだいに激しくなってくるんです。ブスブス、グジュグジュ、おれのチンポは最強だから、聡美が喜ぶのもあたりまえ、ビンビンに勃起したままで、挿し抜き連続、長持ちするんです。挿して抜いてしているうちに、聡美のボルテージが上がってきて、アクメにのぼっていきそうになるから、おれは、挿し込んだままでストップしてやります。
「ひぃいいっ、翔太ぁ、ああん、ひぃいいいいっ」
「ふふん、もっと欲しいんだろ、おれのチンポ」
「欲しい、欲しい、もっと、もっと、して欲しいよぉ」
おれはふたたびチンポを抜いて挿して抜いて挿して、腰を横にもずらし、亀頭のカリ首でオメコの襞を擦ってやります。もう、トロトロ、聡美が愛のネバトロ液を垂れ流し、ヒイヒイハアハア、おれが射精するまえに、果ててしまうんです。もう、すごい、泣き方で、快楽を独り占めする聡美、22歳なのです。




BlogPaint
-1-
こんにちわ、わたしの名前は落合聡美、今年の春大学を卒業して、銀行に就職して、窓口担当になって、お仕事に頑張っています。わたしの恋人は、学生の時から付き合っている三輪翔太です。翔太ったら、金曜日の夜、八時ごろになると、淀屋橋の角までアウディでわたしを迎えにきて、宝塚のマンションまで連れて行ってもらいます。もちろん、なにをするかといえば、もうわかっているでしょ、セックスするんです。だって、わたしたち恋人どうし、愛しあっているんですもの。だから、わたし、もう、めろめろになるまで、セックスして、満足して、ぐったりして、幸せを感じます。
「うううん、いいのよ、わたし、ああん、だめ、まだ、もっと、そっとして・・・・」
マンションのお部屋に着くとすぐに翔太ったらわたしを求めてきちゃいます。マンションのガレージで、アウディから降りるまえに、翔太とは軽いキッスをして、うずうず状態なのです。
「おれ、我慢してたんだよ、聡美を抱きたくって、しやないんだよ」
ああん、翔太ったら、わたしの黒いスカートをめくりあげ、穿いているパンストの腰のところから、お尻へ手を入れ、ショーツの内側にも入れ、一気に太ももの根元まで降ろして、わたしのお尻を丸出しにしてしまうんです。

「ああん、まだだってばぁ、ああん、ちょっとまってよぉ」
いきなりのおなぶりは、わたしのこころがついていきません。でも、翔太ったら、わたしを手荒く抱き、後ろからお股に手を入れてきて、股間を揉みだすんです。同時に余った左手で、ブラウスのすそから手を入れてきて、ブラトップのなかへも入れてきて、おっぱいを触ってきちゃうんです。
「あっ、はぁあん、だめ、ああ、翔太ぁ、ああっ」
わたし、うしろから抱いている翔太の、ああ、もう勃起させているおチンポを、後ろ向きに握っちゃいます。おっきい、ぶっとい、ビンビンのおチンポ、ああ、わたしフェラチオしたいです。
「おれのん、なめろよ、ほら、なめろ!」
わたしは、半裸になった格好で、立ったままの翔太の前に膝まづき、お口に勃起したおチンポを含んであげます。ナマあったかい、翔太のおチンポ、わたし、好きです。でも、恥ずかしいから、口にはだしません。
「うふううっ、ううっ、ふうううっ」
一分ほど根元から先っちょまでをなめてあげると、わたし、肘掛椅子に座らされ、パンストとショーツを脱がされ、肘掛をまたぐように左右の足をのせられます。お尻を前にせりだして、ああん、翔太が膝まづいて、わたしの股間に顔をつけ、ぺろぺろ、陰唇とかをなめまわしてきちゃいます。わたし、もう、ああん、お股を拡げきって、翔太を迎え入れちゃいます。

翔太のおチンポが、わたしのお膣にはいるまで、そのあとすぐです。一週間ほどしてない翔太とわたしです。翔太の方が辛抱できないみたいで、わたしを求めて、おチンポ、椅子に座ったまま、ぶすぶす。翔太が座り、わたしがまたぐ格好で、わたしのお膣に翔太のおチンポがぶっすり、密着させちゃいます。
「ああん、翔太ぁ、ああん」
「おおっ、ええわぁ、聡美ぃ、おれ、ええ気持ちだよぉ」
「ああん、わたしかって、いい、いい、ああ、いいわぁ」
わたし、突きあがってくる快感に、あへあへ、二人でしか味わえない快感の味、何とも言いようがないです、とってもおからだが煮え立ってきて、とろとろになってきちゃいます。
「おおおおっ、聡美、尻あげろ、一気に降ろすんだ」
「ああん、ああっ、翔太ぁ」
わたしは、お尻をあげ、勃起のおチンポ、亀頭だけ残して、陰茎を抜いてしまいます。そうして、お尻を降ろして、ぶすぶす、勃起おチンポをお膣にきっちり嵌めてあげる。ああん、なんともいえない、いい気持、崩れてしまいそうになっちゃう。それから、わたしが椅子に座り、翔太がわたしを抱く格好で向き合って座ってきます。ええ、勃起させたおチンポを、わたしのお膣に挿しこんだまま、ああ、微妙に抜き挿し。微妙に左右に、ああ、動かされてわたし、めろめろ、お蜜を垂れ流してしまいます。キッスしてくる翔太、ああ、舌と舌を絡ませます。ああ、おっぱいを揺すってきちゃう翔太、乳首を指に挟まれて、モミモミされてしまいます。わたし、からだを開けきって、翔太を受け入れます。とってもいい気持ち、わたし、アクメにのぼって、昇って、昇天しちゃいます。







このページのトップヘ