愛欲の部屋

エッチな男と女のセックス物語です。 写真はネットからいただいています。

1200sex1703180036
-20-
調教部屋の聡美。パイプ製背凭れ椅子の背凭れに、手首と足首をいっしょに括られている聡美です。きっちり開脚、股間が丸出しです。山内豊29才が、バイブを手にして聡美の膣を攻略しているところです。山内の左には村瀬が椅子に座って成り行きを見ています。右手にはカメラマン大木伸介が聡美の恥態を声といっしょに克明に収録しています。
「ああっ、ああん、いやぁあ、ああっ」
山内が、長さ20㎝もある白バイブレーターを、聡美の膣に挿しこんで、膣襞をこすってやります。ゆっくりと挿し込んだ白バイブは15㎝ほどです。聡美の膣の深さ、その奥までに達しています。
「うんうん、まわして、抜いて、挿して、だね、聡美、そうだろ」
山内がうわずった声で、聡美へのバイブの動きを、言葉にしてやります。聡美は、声を聞きながら、裸身の局部、その道筋、その奥までを、丹念に擦られていく感触に、裸身を悶えさせていくのです。
「ひやぁあん、ひぃいいっ、ああん、あああん」
「聡美、感じるているんだな、いいな、もっと、もっと、感じさせてやれ」
「いいですね、感じさせて、ヒイヒイ、言わせてやりますよ」
「たっぷり、ビデオに収録しておきますよ、たっぷりね」
男たちの会話を耳にしながら、聡美の裸身が責められていきます。喜悦の責めです。
「ああん、あああん、はぁああん」
斜め上向いた聡美の股間、男たちに見られながら、ゆっくり、ねちねち、いたぶられます。
「じゃあ、バイブレーター、挿し込んだままに、しておこうかな、聡美」
「はぁああ、ああん、バイブ、バイブ、バイブぅ、ううっ」
聡美はうわの空、ぬるぬると責めあげられ、からだのなかが萌え萌えなのです。聡美の腰から股間へ、紐パンティが穿かされます。バイブが挿され、バイブの根元に紐パンティの股間部がかぶせられ、抜けないようにされたのです。
「みんなで、聡美が喜ぶところを、見させてもらいましょうか」
「うっふふっ、いいねぇ、聡美のバイブショーだな」
「ほかの部位、なぶってやれば、いいんだろ」
「そうですよ、なぶってやったほうが、聡美、喜び倍増でしょうね」
山内豊が、バイブレーターのスイッチを握っています。リモコンでバイブレーターを稼働させ、男たちの興奮で、触りたいところを触ってやる、というのです。聡美は、もう、ゆっくりバイブの手責めで、めろめろになってきているところです。


1200sex1703080133
-19-
パイプの背凭れに、ひろげた手首と足首を、左は左、右は右、いっしょに括られてしまった聡美です。股間が丸出し状態で、しっかり斜め上向いているんです。入江康夫がうしろから、玲奈の乳房に手をおいて、たぷたぷ揺すりながら乳首を揉んでいきます。村瀬慎吾は、正面から右横へとパイプの丸椅子をずらせて座ります。正面には栄養士の山内徹は立ちます。カメラマンの大木伸介は左側に、カメラを持って立ちます。
「準備はできた、聡美、あとは、歓んで、喜悦に浸って、いい声で、鳴くだけだ」
丸椅子に座った村瀬が、右横から聡美に声かけます。聡美は、羞恥の姿にされてしまって、身動きできない格好で、男たちに弄ばれるだけ。
「いやぁああん、こんなの、ああん」
「うっふふ、たっぷり、歓ばせてもらえ、聡美」
「ああん、だめ、あかん、いやぁあ、ああん」
すでに乳房を揺すられ、乳首を揉まれている聡美です。このあとには何が起こるのか、予測がつきません。聡美にとっては、恐怖です。からだを開けられ、弄られていく自分。一流の銀行に就職した聡美には、耐えがたい屈辱の気持ちです。
「バイブで、聡美を、少し、可愛がって、やりましょうか、ねぇえっ」
栄養士の山内が、きっちり男根の形をした白いバイブレーターを握っています。長くて太くて凹凸きっちり、陰茎には螺旋のくびれが彫られた優れバイブです。
「ゆっくり、ゆっくり、奥までいれてやるから、たっぷり、濡らすんだよ」
手と足をひらいて括られた聡美の太ももは、ほぼ180°に開いていて、逆八の形です。股間は斜め上向いていて、恥骨には陰毛が生えていて、陰唇のそとがわにも、ちじれた陰毛が、ちょろちょろ生えています。
「ふふっ、おお、おお、ピンク、きれいなピンクだこと、聡美、いれるぞ」
山内が左手の親指と人差し指で陰唇をひろげ、膣口を露出させ、そこへ右手に握った白バイブの亀頭を、挿し入れるのです。ぬるっ、ぶすっ、バイブの亀頭が膣に挿入されてストップです。山内は、握った根元を右に90°まわして、亀頭を回転させるのです。右にまわしたバイブを真上に戻し、左へ90°まわしてやります。するすると、亀頭からカリ首の処を膣に挿しこみ、膣のなかをトロトロ蜜で滑らさせるのです。
「ああん、いやぁああ、ああん、ああん、ああん」
ゆっくりと、焦らされていく聡美。大木が聡美の裸身をビデオに撮っています。村瀬は聡美の正面横で、椅子に座って見ています。入江は、乳房弄りの手を休め、うしろから覗き込む格好で、聡美を鑑賞しています。


1200sex1704090089
-18-
<調教部屋の聡美>
調教部屋は八畳の洋室です。落合聡美22才は、今年大学を卒業し、就職先は大手銀行、その窓口係を担当していた矢先に、村瀬慎吾と懇意になり、ここ宝塚の高級マンションの一室に、監禁されたのです。聡美はその可憐な美貌から、エロスショーのヒロインとしてのトレーニングを受けているところです。
「ほうら、この椅子に座って、縄をかけてもらえ」
村瀬が、監禁部屋から連れてこられた聡美に、背凭れが鉄パイプの椅子に座らされます。
「はぁああ、すわる、座るんですかぁ」
全裸で首輪をつけただけの聡美でしたが、前ボタンのブラウスを身につけます。でもボタンは外したまま、腕を通しただけです。
「そうだ、座って、康夫、聡美を料理してやれ」
入江康夫は整体師で身体トレーナー、緊縛研究している29才男子、イケメンです。その康夫が、背凭れが広い鉄パイプのまえに聡美を座らせ、手首をパイプに括りつけてしまうのです。
「ほうら、ほうら、聡美、手を、ひろげて、括ってやるよ」
腕をひろげさせられた聡美。手首をパイプに括られてしまいます。そうして上半身が座部に背中を置く格好で寝かされ、クッションを入れられます。
「ああっ、手が、手が、使えない、ああん、手が、使えないですぅ」
「使わなくったっていいんだ、口が使えれば、それでよしだ」
腕を横にひろげて上げる格好で、足首に紐が巻かれます。足首を括った紐が、手首を括ったパイプに括られてしまいます。
「ああん、いやぁああん、こんなの、だめ、だめ、恥ずかしい」
「うっふふ、聡美、恥ずかしいかい、そうかい、そうかい、恥ずかしいのかい」
「恥ずかしいです、こんなの、あかん、恥ずかしいったらぁ」
足首を括った紐が引き上げられると、臀部が持ち上がり、股間が斜め上向いて、太ももがひろがったままになります。その臀部にクッションが入れられてしまう聡美です。男たちの目の前です。鉄パイプの椅子に、お尻を突き出し、股間を丸出しにされてしまった22才の銀行員だった聡美です。恥ずかしいったら、こんな恥ずかしいことは、ほかには見当たらないです。屈辱です。羞恥の極みです。男たちに見られていると思うと、泣きたい、死にたいくらいです。
「いいねぇ、聡美、丸出し、丸見え、大木さん、ばっちし撮ってくださいよ」
「ひやぁあ、ああん、ああん、こそばい、こそばいですぅ、触らないでぇ」
康夫が、開脚させた聡美を、背凭れパイプ椅子のうしろから、手を伸ばし、脇腹から乳房にむけて、手の平を当てたのです。



このページのトップヘ