愛欲の部屋

エッチな男と女のセックス物語です。 写真はネットからいただいています。

小説:愛の日記
1200sx1506250014
-5-
大学内では男子学生からアイドル扱いされている二年生の向井結衣です。SM研究会のメンバー三人の男子に連れ込まれてきた京都大原の、光琳館二階の秘宝愛欲部屋です。その奥にある四畳半の部屋、二畳の広さの檻に監禁されたのでした。それから、もう半月も経っていて、結衣には外の想い出がよみがえってきますが、それは夢の中の光景です。恋人だった大村真一のことを思い出しますが、助けに来てくれるはずもなく、でも、助けに来てくれると思っているけど、つかのま、三人の男たちにからだを求められてしまうのです。
「ああん、いや、いや、ああああん」
バイブレーターのスイッチが切られて、結衣は正気に戻ります。攻めあがってきた得体の知れないぐじゅぐじゅ感から解かれて、はあはあ、ちいさな深呼吸をしてしまう結衣。
「ふふふふ、いい気持ちなんだろ、おめこのなか、ぐじゅぐじゅされてさぁ」
「ああん、そんなこと、ないです、いい気持だなんて、ああん」
「ふふふふ、結衣、からだが欲求してるんだろ、そうだろ」
バイブレーターを秘部にさしこまれ、抜け落ちないように紐パンティを穿かされ、スイッチを入れられてしまうと、もうこの世のことがわからなくなってしまう二十歳のアイドル向井結衣。朝には淫欲ジュースを飲んでいるから、からだが浮いて、快楽のなかに放り込まれた感じで、ひいひい、はあはあ、ゾクゾクと性の欲求が湧いてくるんです。弄り椅子に手を頭の横で括られ、太ももひろげられて膝を括られ、悶えて身動きできるけど、手足は括られている全裸の結衣。膣に亀頭がピンポン玉の大きさバイブレーターを挿し込まれて固定され、男たちが見ているところで悶えなければならない屈辱、羞恥心に満ちる男子のアイドル結衣。
「ふんふん、結衣、もういちど、バイブで、よろこんで、もらおうかなぁ」
「ちんぽ、咥えさせても、いいかなぁ」
明夫が、バイブで結衣を責めあげているとき、チンポを口に咥えさせようとの提案です。でも、これは、翔太がいうには快感昂じて歯で咬まれるおそれがあるから、だめだろうといって否決です。顔や胸や腰を弄るだけならいい、ということで決まりました。
「じゃあ、入れるぜ、スイッチ、おおおん」
「あっ、あっ、ああああん、ひぃいい、いいいいっ」
バイブのスイッチはいきなり強で入れられたから、結衣、いつにもなく一気に大きな声をあげてしまいます。びびびび、びびびび、くねくね、くねくね、バイブレーターの動きはそとからはわかりませんが、結衣が腰を揺すりだし、顔を左右に揺すり、手足の指をひろげてにぎる仕草に、結衣の呻き悶えがわかります。結衣は、めろめろ、バイブレーターの強弱に連動して、声を荒げ、声を呻かせ、呼吸を荒げ、呼吸をしずめます。アクメに昇りきらないように、昇ってしまう寸前で、ストップさせられてしまうのです。というのも、このあとには、三人の男子が輪姦することになっているからです。


小説:愛の日記
BlogPaint
-4-
SMルームの羞恥椅子に仰向き開脚M姿で、手首と膝を結わえられている結衣。ひろげた股の真ん中、膣に陰茎の長さ15㎝、亀頭部がピンポン玉サイズの男根バイブレーターが埋め込まれています。そのバイブレーターが抜け落ちないように、根元の四つの穴に細紐が通され、紐パンティにされてしまったのです。
「ああん、あん、ああん、こんなの、あああん」
「いい声だねぇ、朝から、結衣のよがる声、聞かせてもらって、うずうずだよ」
「そうだよ、素晴らしい格好、男にとっちゃ、たまんねぇよ、この格好」
「まあ、鑑賞はこれくらいにして、触りながら、スイッチ入れて、よろこばせて」
明夫がことばを出しますが、バイブの操縦は翔太がおこないます。幹夫はカメラマンです。
「スイッチのまえに、触らせてもらうよ、結衣、いいね」
朝には甘い淫乱ジュースを飲まされているから、二十歳の結衣、からだの感度は良好です。明夫は結衣の顔から胸、ぷっくら乳房を触っていきます。翔太は腰から太腿内側、陰毛、陰唇、菊門を、触りながらバイブにスイッチを入れてやるのです。
「ああん、いやぁああん、だめ、ああ、だめぇ」
乳房を裾から揺すられる結衣が、甘い声を洩らしだします。
「あん、あん、いやぁああん、いや、いやぁああん」
陰毛をたくしあげられ、クリトリスを剥かれますが、これは触られません。バイブでひろげられた陰唇を弄っている翔太。
「もう、濡れているんだよなぁ、結衣、感じてんだろ、もう、もう」
「ああん、いや、そんなの、あああん」
羞恥椅子に開脚M姿にされている全裸の結衣が、微弱ですがスイッチが入ったバイブレーターの振動に、反応しだします。明夫が、結衣の上半身弄りをやめ、手を引きます。翔太が股間弄りをやめ、バイブのスイッチを握って操縦します。幹夫は結衣のよがり声とともに揺れ動き痙攣させる若い女体を動画に収録していきます。
「あん、あん、あああん、ひやぁああん」
びびびびびびびび、くねくねくねくね、外からは見えないけれど、結衣のからだの奥で、振動し揺するバイブレーター。ピンポン玉亀頭が、結衣をよろこばせていきます。紐パンティを穿かせられた結衣。からだのなかで膨れ窄んでも、バイブレーターが抜けてくることはありません。



BlogPaint
-3-
全裸です。結衣はなにも身につけてはいけないのです。男の前に全裸になって、椅子に座らされます。赤い弄り椅子、結衣からいえば弄られ椅子です。手首と足首をベルトに括られ、手をひろげてあげられます。足は股間の太腿つけ根から膝へひろげられます。
「結衣、今日は、この椅子で、かわいがられるんだよ、いいな」
「はっ、はあい、この、椅子で、かわいがって、もらうぅ・・・・」
SMルームの真ん中に置かれた弄り椅子に乗せられる結衣。手をあげさせられベルトが巻かれてしまいます。顔は左右に動かせます。肩も少しは動かせます。そうして膝にベルトが巻かれると、もう太腿を閉じることができません。
「いつ見ても、いい眺めだな、アイドル結衣の裸だから、特別だね」
「初々しい感じが、なんとも言えないね、二年生、二十歳だよ、結衣」
「そうだな、二十歳だよな、大人だよな、なのに、初々しい果実ってところだな」
赤い弄り椅子に仰向いて座らされた結衣です。ぷっくらの乳房も、陰毛からお尻の穴までも、露出です。照明が当てられるから、明るい、女体の美しさが強調されます。
「ああん、そんなの、ああん、いや、いやよ、いやですぅ」
明夫が、手にしたバイブレーターを、これを見ろと言わんばかりに、結衣の顔の前に持って行きます。結衣は、見るしかありません。ピンク色の蓋がついた格好の男根バイブレーター。先っちょの亀頭の処が丸くてぷっくら大きくて、弓なりになった陰茎部は細めです。根元は蓋になっていて紐パンティを穿く感じで、固定されてしまうバイブレーターです。
「たっぷり、濡らすんだよ、美味しいジュースを飲んだんだから、なっ」
SM研究会の男三人、リーダーの翔太、世話役の明夫、カメラマンの幹夫です。結衣が通う大学の四年生です。就職活動はしていなくて、大学院へいくつもり、それにアダルトビデオを販売したりして、それなりの収益をあげているところです。
「それじゃ、朝のお勤め、してもらおうかな、結衣」
バイブをセットしてやるのは明夫です。
「ああん、あん、ああん、いや、いやん」
結衣の正面に立っている明夫が、バイブレータを股間へあてがいます。まん丸くてピンポン玉くらいの亀頭部が、陰唇がひろげられた下部、膣口に当てられ、膣口をひろげられながら、その部分を挿し込まれてしまいます。
「ふふふん、結衣、頭が、入ったよ、挿し込んでやるから、いいな」
幹夫が4Kカメラで、挿入されていく様子を、下から俯瞰する構図で、収録していきます。
「ああん、あん、あん、いやぁああん」
ぶすっ、ピンポン玉亀頭が挿し込まれ、陰茎部が挿入されてます。微妙に挿されて抜かれ、射されて抜かれしながら、15㎝の男根バイブが装填されおわります。あとは、紐のパンティを穿かせる明夫です。

このページのトップヘ